ダイナースクラブを退会した話

みなさんは、クレジットカードのメインは何を使っているでしょうか。

 

僕は、ちょっと前までダイナースクラブカードを個人用のメインカードとして使っていたのですが、色々使い勝手が悪く最近になって退会しました。で、退会するときに自分が考えてたことを備忘録的に記しておこうと思います。

 

そもそも、なぜダイナースクラブに入ったか

ステータスカードというものを自分で一度体験してみたかったからですね。当時はステータスカードといえば、とりあえずダイナースかアメックスだろ?と無知の自分は思っていたのですが、その後ちょっと聞きかじったダイナースクラブの創業の由来で、”財布を忘れて痛い思いをした実業家がツケでレストランでも食事ができるようにした”という話が後付けで気に入ったりして、特に迷いもなくダイナースの方と契約しました。

 

ダイナースクラブカードのよかったところ?

クレジットカードで何か困ったことがあったら電話したりすると思いますが、その時に電話がすぐ繋がることが多かったことと、オペレーターの対応が基本的には親切丁寧だったことが良いところかなと思いました。

 あとは、コナミのジムが都度会員(1回500円くらい??)で利用できることもあって安く済むねというのはありました。

 

ダイナースクラブカードのデメリットは?

デメリットは何より、カードを使えない店がちょくちょくあることでしたね。日本でもクレジットカードが使えるのにダイナースクラブカードは使えないお店が体感で1、2割あった気がしますし、アジアなんかいくと、街に出ればMasterやVisaは使えるけど、ダイナースはだいたい使えない。。なので、結局MasterかVisaをサブで持って行くはめになってました..

 

ダイナースクラブカードの特典はどうだったか?

ダイナースには指定のレストランのコースを頼むと1人分無料になるというのがありますが、自分にとっては店が限られていたり(それでもステータスカードの中では一番登録レストランの店舗数が豊富だそうです)、事前の予約が面倒だったり、選べるコースは最上級コースのみになってて割高設定だったり、とあんまりよい印象はありませんでした。勿論、中には価格的にも対応的にも当たりのお店はいくつかありました。

 

他には、日本や世界中の空港のラウンジを使えるというのが特典としてありましたが、僕がそもそも頻繁には空港は利用しない生活を送っているのと、空港を使うときでも、慣れてないのでラウンジの場所を探すのが面倒だったり、あっても距離が遠かったり、ラウンジに入っても普通に混み合っていたり、と、それなら適当にスタバとかでお金払ってゆっくりした方がよくないかとは感じていました。

 

ポイントの使い方として、マイル移行というのがあり、プロパーの方でも1円1マイルとよくたまる方のカードなようで、マイルを上手く使える方にとってはお得な仕様になっているようですが、マイルのポイント移行制限だとか、マイルを使うと空席があるはずの便で、指定した日付や時間の特典航空券が買えないだとか、ANA系にしか使えないとか、いろいろ立ちはだかる制限が多くて僕には全く合いませんでした。加えて最近はマイルシステムの改悪があったようであまり受けがよくないとも聞いています。

 

なぜダイナースクラブをやめようと思ったか

ステータスカードがどういうものかというのを体験してしまったから、もういいかなと思ったのが正直な所です。年会費はマイル移行手数料を含めたりすると3万円くらいで、たいしたことはないですが、なによりカードが使えない店があることを気にしなきゃいけない不便を感じたのと、レストランやラウンジ、マイル等少しは良い思いできるかなぁと思ったのに、むしろそこへのアクセスや手続きで時間や自由を奪われる形になって他人のビジネスゲームの中に組み込まれてる?ような感覚に陥った事がきっかけな気がしますね。

 

最後に

このブログは、お医者さんが読まれることが多いと思うので、ダイナースクラブに今後入られるのを検討されている方もいるかもしれません。そういう先生方に向けては、

 

ダイナースに登録されてあるレストラン最上級コースを楽しみたい

・とりあえず電話対応の質が担保されているカードを所持しておきたい

・飛行機に乗る頻度が多く、ラウンジやマイルをうまく使っていきたい

・その他、このブログでは紹介できていないダイナースの特典を楽しみたい

 

等を望まれるならば、ダイナースは検討の余地があるカードかなぁとは思います。

 ですが、ステータス性とかお得感を味わいたいみたいなことだと、これは価値観や使い方に多少依るのかもしれませんが、あまり期待しない方がよいのかなぁというのが僕の率直な感想でした。

 

それではまたツイッターで。