医師は余るのか

 

 Twitterをやっていると、「将来医師が余りますか、それとも足りないままですか」といった質問が多い。僕のフォロワーさんは医師・医学生が多いので、恐らく自身の将来を心配してのことだろうと思う。

 

医師需給の詳細については、厚労省の医師需給分科会などの資料や議事録をみるとだいたい把握できるのでそっちを参考にしてほしい。ここではブログでもあるし、僕の思っていることを、今回はデータなしで徒然に書いておこうと思う。

 

臨床医についてはここ10~20年ほどで需給のバランスはとれるのだろうと僕は思っていて、国の見解とだいたい同じである。臨床医の顧客は患者なわけであるが、今は人口が減り、これからそのスピードは加速するフェーズなので需要減少は必至である。高齢化でちょっと需要は持ちこたえるかもしないが、団塊の世代がいらっしゃる間(ここ10~20年)だけの話になると思う。一方で新しくお医者さんになる人は毎年増えていて、民主党政権の医師養成数増加策の効果も順調に現れているようだ。実際に医師の有効求人倍率は毎年減ってきている。それでも他業界と比べればまだまだ倍率は高い。だから今は平均的にも医師不足なのだけど、徐々に解消されている段階だとみている。

 

医師の過重労働が問題になっているから、それを是正すれば医師はやっぱり足らないのではないかという指摘も飛んでくるだろう。まあそうかもしれないが、病院数は年々減ってきているし、これに昨今の病院の集約化や再編、在院日数短縮、病床数削減、タスクシフティング等、効率性を上げ相対的需要を減らす取り組みが加われば、上の医師の数と患者の数の動きに飲み込まれてやっぱり、ここ10~20年で平均的にバランスがとれるのだと思う。

 

将来的に医師需給は均衡するとはいっても、これはあくまで平均の話で、地方とか、夜間とか、人気のない診療科だとやっぱり医師不足は続くのだろうと思う。よくも考えてみよう。子供の数がこれだけ減っているのに今小児科医の数が足らないはずはないのだが、現場の声はそれでも足らないということになっている。実際に足りている・足りてないはデータも見せてないので議論はしないが、おそらく夜間救急対応する小児科医や、田舎の小児科医は実際に足らないのだろう。逆に、都会の小児科開業医の先生が集患に苦労をしているのをみるにつけては、昼間で都会だと競合が多いわりに需要が少ないといった事情があるかもしれない。なので、将来的に医師需給がバランスしても、上の例のような平均から外れて生じる医師不足をいかに解消できるシステムを構築して、それでいて優秀な医師なのに職にあぶれてしまう人をいかに作らないかが、今後の行政の腕の見せ所になるようにも思う。

 

今は特に医師養成数の調整が難しい時期だと思う。というのも、現在、医師は平均的にも足りてないから医師を増やしたいという声は大きくなりがちなのだけど、だからといって今から増やしても医師養成には10数年かかるから、タイムラグで需要が減少し医師が飽和する事で結局無駄な増員となる可能性が増えてしまうからだ。ここを見誤って今の調子で医師を増やし続けると、2040年頃には弁護士や歯科医師界、アカデミアと同じ運命が医師にも待っていることだろうと僕は思っている。

 

ちょっと論が雑になってしまったけど、僕の考えは簡単に書けた気がするのでこの辺で。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

民間保険はいらないのか?

聞けば民間保険に入っている人がえらく多い。何事も心配しがちな日本人の国民性によるのもあるだろうが、色んな保険に入りすぎて家計の収支がカツカツになっている保険貧乏な家庭をみるにつけては、ちょっと行き過ぎな状況のようにも思う。

 

民間保険に払い込んだ掛金に対し得られる金額の割合は、正確なデータはないものの、平均にするとだいたい7割くらいではないかと言われている。このいわゆる還元率は保険会社や保険商品によって大きならばらつきがあるようで、都道府県民共済のように9割還元の所もあれば、先進医療特約など1割還元の商品も中にはありそうだ。保険会社を運営する以上、人件費を含む経費がかかってくるのは当然のことで、その分保険に加入する人が平均として元を取れない構造になっているのは当たり前の話ではある。イベントが起こった時にお金がもらえるけど、平均的な還元率は100%超えることはないというビジネスであるという点では宝くじに似ている。

 

 

なぜみんな保険商品を買うのかというと、事故や火災、高度障害を負ってしまい、自分一人では対応できない多額のお金が急遽必要になった場合に備えるためである。もしくは自分で支払える額であっても大きな額を支払うリスクを減らすためだろう。そういったリスクを緩和してくれるサービスにかかる手数料を保険会社に支払っているといった見方が自然だと思う。

 

もちろん保険会社側が利益を上げるためにイベントリスクを消費者に過剰に見積もらせて、公的社会保険がある中で本当はそこまで必要のない保険商品に加入させていると言う側面があるのは否定できないし、逆に消費者が無知が故に無いもの有るもの怖がって、自ら進んで保険に加入してるというのもあるだろう。

 

ここで、消費者が民間の保険を買わないですむ状態というのはどういった状況であるか考えてみよう。イベントが起こっても自身で賄えるほどの資産を持っていれば保険をもってなくても対応できるだろうし、資産の額が大きいほどリスクを緩和するサービスの必要性は低くなるだろう。

 

健康保険があるのだから、大病をしても1000万円の金融資産があれば民間の医療保険はまずいらないだろうし、小さな子供がいたとしても3000万円あれば生命保険もいらないと思う。自動車保険や火災保険も1億円もあれば加入の必要性は低いのではなかろうか。また自分の取り巻く状況を踏まえて商品を吟味すれば、この価格を更に落とすこともできると思う。

 

要は、お金と情報を持っていると自分でイベントリスクに備えることができるので、保険に入る必要性はなくなるといったことだ。富めるものはますます富めるというのは、保険の場合でも当てはまるようで、資産形成や情報収集の目的は色々あろうが、高い手数料ののった民間保険を買わなくて済むというのもその一つだ。

 

終身積み立て保険とかは払った額以上にお金が返ってきて還元率は100%超えるよ!とかいう人もいるかもしれない。でも、そんな商品にも経費はかかっていて、保険会社の方で高い手数料をとって資産運用しているだけに過ぎない。保険会社にお金を預けずに、自身で資産運用すればその分の手数料は取られずにお金を効率的に増やすことができるだろう。

 

とはいえ、結婚して子供が小さくてまだ資産がそんなにないといった家庭だと、一家の大黒柱に不幸があれば経済的にもいろいろ大変だろう。そんな時は、資産形成できるまでの間に生命保険の掛捨てを利用するのはありだと思う。じゃぁどうやって資産形成するの?かといった話はこちらにまとめている。保険料控除を踏まえた損しにくい保険商品の具体的な選び方も載せている。

 

保険はいらない系の本が数冊あって私も目を通したが、1冊を挙げるとすれば、後田了先生の「いらない保険」が最も参考になるように思う。民間の保険にお金をかけているひとは一度読んでみると具体的な話が載っていて、保険の断捨離がやり易くなるかもしれない。

 

 

 

 

 

 

インデックス投資は最強なのか

拙note 資産形成レジデントマニュアル で資産運用の一つとして紹介したインデックス投資であるが、その有用性が学術領域で認識され始めたのは1970年頃で、もう半世紀も前のことだ。そして2019年の今もその結論は変わっていない。普及のきっかけとなったのは、マルキールさんという経済学者が書いた本「ウォール街のランダム・ウォーカー」だ。

 

 

この本では、株価の上げ下げの予測は誰にもできなくて、でも資本主義経済では山あり谷ありがありながらも経済成長していくから、長期間では株価は上がる。なので、株を上げ下げを予測する労力をかけてプロが運用しているアクティブファンドよりも、銘柄も売買のタイミングも分散して投資していくインデックスファンドの方が成績がよいと説明され、これは投資・株書籍の中で最も大きな影響を与えている本の一つではないかと思う。

 

そこで、今回は天邪鬼な僕が、敢えてインデックスファンド最強説に異を唱えてみようと思う。

 

ご存知、証券業界ではインサイダー取引が悪いといわれている。インサイダー取引とは、会社の株に影響を与える内部事情を知ってるものが、その重要情報を公表する前に会社の株を売買することで、そんなのは知っている方が有利に決まってるんだからやってはいけないよ、とされてるものだ。

 

で、一昔前まではそんなインサイダー取引のような重要情報を知っている人は、会社に関連した人に限られていたかもしれない。しかし、この情報化社会では部外者であっても会社の内部の状況を間接的に早い段階で精確に突き詰め、加えて、短期・中長期にわたり会社の成績を投資家の心理を含めて予測でき、プロがひしめく市場でミス取引で生じた僅かな歪みも見逃さない、そんな情報強者な人たちが生まれていてもおかしくない。まぁ金融のプロがひしめくとかいったって、医療をみてみれば医療職や医療機関の中でも質にばらつきがあるし、時にプロより素人の方が上手みたいなことも起こるのは医師の皆さんでもわかるでしょうw

 

ランダムウォークでは情報が対称性であることを前提としているので、上記のような情報非対称性が情報が溢れる現在において現れてくるのならば、やっぱり個別銘柄で儲け続けるランダムでない特定の人(と特定の負ける人)も出てくるじゃないのと?そして論を更に補強するならば、自分で取引している限りはアクティブファンドのような高い手数料も払う必要はないのだし、そもそも平均的には負ける話であってトップ1%なんかにはいれば勝てる可能性が高いのでしょ?とか思うわけだ。

 

まぁ、でも多くの人は株にまつわる情報の最先端には行きつかないだろうし、もし仮にみんなが情報の最先端にいけばそれは情報の非対称性がなくなって一周回ってインデックスファンドの方に軍配があがるんだろう。なので、本のような形で一般の多くの人たちに情報を共有する場合はインデックス投資が一番理にかなってると説明するのは自然だし、逆にチャートの動きや会社の経営状況をもとに個別銘柄を買っていくのであれば、それは誰にも教えないか優位性を保つために一部のグループまでしか共有しない、といったことになる気もしている。

 

何が言いたいかっていうと、ほったらかしで手間暇かけたくなかったらインデックス投資なんだろうし、時間がとれて情報強者になれると思うんならリスクをとって個別銘柄に手を出すのも楽しんじゃないかってことでした。

 

 「億万長者をめざすバフェットの銘柄選択術」はみんな大好きバフェットさんの書いた優良企業の個別株を買う方法やタイミングが書かれている名著ですね。